ミマランド/Mimaland


2019年3月某日。
マレーシアにある廃遊園地ミマランド(Mimaland)を訪ねてみた。

ここはかつて現地の子供たちが憧れた恐竜のテーマパークだ。
園内には今でも当時の恐竜たちが展示されているとのこと。

早速、最寄りの駅からミマランドを目指すことに。
しかし、最寄り駅と言ってもここから10数キロ北に歩かなければならない。
日中35°にも達するこの地域においてはかなり過酷な道のりだ。

歩くこと1時間____。
DSC07907_20190315.jpg

すっかり田舎町となった景色。
マレーシアでの住居は首都クアラルンプールの中心街にあるため、この様な景色になると何だか落ち着く。

さらに歩くこと1時間____。
地図上ではココらへんのはずだが……。
DSC07913_20190315.jpg
何やら門の様なものを発見し、いよいよ廃遊園地かと期待が高まるが……

キツイ坂が現れる。
DSC07932_20190315.jpg
結局、ここからさらに20分ほど坂を上ることになる。
人はおらず出会うのはサルばかり……。


ようやくここでミマランドの入口らしき場所に到着した。
DSC07936_20190315.jpg

目の前には2メートル強のフェンスが立ちはだかるも____

左手に数メートル進むと……
DSC07938_20190315.jpg
有難き先陣たちの助け⇒早速、中へと入ってみる。

DSC07945_20190315.jpg
恐らくここが現役時代のゲートだろう。
老朽化が進み、廃墟としては良い雰囲気だ。

これはパーク内もきっと良い感じになっているだろうと期待したが……
DSC07947_20190315.jpg

ゲートの先はほぼジャングルであった。
日本の山林で気を付ける範囲は底が知れているが、マレーシアでは何にどう気を付ければ良いのかも分からない。

とりあえず道?みたいなのに沿って進む。
DSC07951_20190315.jpg

DSC07955_20190315.jpg

思ったよりも違う雰囲気があることは分かって来たが、肝心の恐竜に出会えない。
恐らくこのどこかに隠れているのだろう。

辺りを警戒しながら恐竜を探していると大きな池に到着した。
DSC07989_20190315.jpg

ここで謎の生き物が音を立て茂みへと消えてく……。
音の大きさからしてミズオオトカゲとかの類だろうか。(さすがにワニではないだろう)

池のそばに廃墟を発見。
DSC07995_20190315.jpg

DSC08009_20190315.jpg

売店やレストランがあった場所だろう。
かなり広いスペースと謎のでっかいレンガの窯があった。

DSC08005_20190315.jpg

恐竜はいないが、ダービーと書かれた馬と遭遇する。
彼らが24時間365日ここにいる事を考えると何だか切なくなってくる。

その後も2時間ほど園内を探索したが結局、恐竜には会えなかった。
クモの巣と謎の物音、サルの威嚇とかなりプレッシャーのある現場に耐え切れず私はゲートへと戻った。

閉園になってから既に20年近くが経っている事もあり、恐竜は撤去されてしまったのか?
はたまたジャングルの奥にまだ眠っているのか?

真相はミズオオトカゲと共に消えていった……。

そして帰り際にみたゲートが何だかとても美しかった。
DSC08024_20190315.jpg

おわり。

Mimaland

Location: Selangor Malaysia
Shooting date: 03/2019
category: Abandoned Places

Abandoned Park like a jungle.
It was a battle of heat and fear.
関連記事