バッタンバンのクロコダイルファーム/PhraTabong CrocodileFarm



2019年11月某日。
カンボジアのバッタンバンにあるクロコダイルファームを訪れた。

バッタンバンは私が滞在しているシェムリアップから南西に150kmくらい離れた場所にある大きな街だ。
私はバッタンバンに到着したバス停から徒歩でワニ園へと向かう___。

DSC04087_20200104.jpg

歩くこと30分____。
ローカルな道を進むと、クロコダイルファームの入口が現れる。

DSC04097_20200104.jpg

ゲートを抜けると民家が見えてきた。
他のお客さんがいなかったこともあり、最初は営業していないかと思ったが、一人のお母さんが近づいてくる。

DSC04101_20200104.jpg

ここで入場料3ドルを支払い、民家の向かいにあるワニの飼育エリアへと向かう___。

DSC04098_20200104.jpg

早速、姿を現したたくさんのワニたち。
何だか思っていたよりも小さい感じがする……。

DSC04174_20200108.jpg

すると受付のお母さんが説明をしてくれた。
どうやら年齢ごとに飼育スペースが分けられており、私が見ているエリアは1歳くらいのワニだとのこと。

こちらはさらに小さなベビーたち。

DSC04137_20200104.jpg

DSC04158_20200108.jpg

ベビーたちも生後1ヶ月~半年と言った感じで分けられている。
やはり体格差があるとイジメられたりするのだろうか……。

ちなみに、この若いワニとベビーたちの間を渡るところが、かなりクレイジー。

DSC04167_20200104.jpg

DSC04135_20200104.jpg

コンクリート壁の上が道なのである……。
まさに『一歩間違えれば! 』と言った感じだが、まぁーこの若い子たちなら、捕食されてしまうようなサイズではないだろう。

続いて園内の奥へと進む___。
お待ちかねの大きなワニたちがたくさんいた。

DSC04222_20200104.jpg

そしてこちらの方が意外とデンジャラスな近さ。

DSC04210_20200108.jpg

ボロボロの細い鉄格子に、手を伸ばせば届いてしまいそうな距離だ。

DSC04181_20200104.jpg

日中という事もあり、ワニたちは殆ど動かずノンビリとした様子。
たまに身動きするワニは仲間の背中に乗り上げ移動していた。

DSC04193_20200104.jpg

DSC04231_20200104.jpg

園内を一周し、そろそろ帰ろうとした時、お母さんが『ベビーいるから触って行きな。』と裏手へと連れて行ってくれる。

DSC04270_20200104.jpg

DSC04272_20200104.jpg

こちらは生後1ヶ月とのこと。
ちなみに園内にいる大きなワニたちは25才以上にもなるそうだ。

そして説明してくれたお姉さんから一匹を手渡される。
始めてワニの赤ちゃんを持つが、生後1カ月とは思えない力で抵抗してくる。
油断すれば頭を私の手まで回され、噛みつかれてしまいそうだ。

さらに元気よくオシッコをかけられてしまった。

私は1時間ほど滞在し、クロコダイルファームを後にした。
何だか最近、ワニがとても好きなので、これからも世界中のワニ園に行ってみたいと思う。

DSC04462_20200104.jpg

終り。

PhraTabong CrocodileFarm

There are many crocodile of different ages.
Baby can touch.

Location: PhraTabong Cambodia
Shooting date: 11/2019
category: Amazing Place
関連記事